逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 脅迫事件の冤罪を晴らすには?

脅迫事件の冤罪を晴らすには?

脅迫事件で冤罪になるような事例を紹介しています。また、冤罪事件の対応を説明しています。弁護士への相談は、冤罪を晴らすために有益です。

Q 脅迫事件で冤罪(無罪)になるような事例は、どのようなものが考えられますか?

たとえば、被害者の誤解による脅迫事件があります。

被害者が、言葉をうまく聞き取れなかったり、偏見を持って聞くこと等の事情により、脅迫を受けたと感じてしまう事例です。

また、たとえば、LINE等のアカウント乗っ取り、または、パソコンの遠隔操作等によって、別人が脅迫を行う事件があります。

さらに言えば、相手が、金銭目的、恨み等によって、虚偽の被害申告を行う事件もあります。

Q 冤罪を晴らすには、どのようなことが必要でしょうか?

警察等の取調べで、嘘の自白をしてしまわないことです。また、ご自身の記憶を正確に伝えることです。つまり、取調べへの対応が重要です。

多くの脅迫事件では、被害者の証言しか証拠がありません。そのため、捜査側は、刑事事件として立件するのに苦労を強いられます。また、冤罪かどうかを慎重にチェックする必要があります。

そこで、容疑者に対する、警察等の取調べは厳しいものになります。特に、取調室は密室であり、中でどのようなことが起こっていても外部に判明しないことがあります。

警察官等が、犯人と決めつけ、さらには、違法な取調べを行っても外部に判明しないことがあります。取調室は、容疑者は屈してしまうような環境です。

容疑者は、逮捕・勾留という身柄拘束をうけ、家族とも社会とも接点が乏しくなります。このような状況では、冷静な判断ができません。

冤罪を晴らすためには、このような取調べに耐える必要があります。取調べに耐えて、虚偽の自白をせず、また、自己の言い分を貫くことです。

Q 冤罪を晴らすにあたって、弁護士に依頼するメリットは?

弁護士に依頼するメリットですが、取調べに耐えることについて援助を惜しみません。また、違法な取調べに対し、抗議活動をします。さらに、身柄拘束からの早期の釈放につなげることが可能な場合があります。

前述のように、脅迫事件では取調べへの対応が重要です。取調べへの対応として、弁護士は依頼者様への援助を惜しみません。

たとえば、依頼者様が身柄拘束を受けている場合、弁護士は、通常、いつでも何回でも面会することができます。依頼者様が、接見禁止処分を受けている場合でも、弁護士は面会することが可能です。

弁護士が面会することで、逐次、取調べへのアドバイスを受けることが可能になります。また、弁護士がご家族様の様子をお伝えできます。依頼者様の様子も、ご家族様にお伝えすることができます。このようなことが、精神的な余裕につながります。

勾留などの身柄拘束の場合、弁護士が、勾留却下決定、準抗告の認容を目指し、手続をとることができます。身柄拘束からの解放により、虚偽自白を防止することが可能になっていきます。

【弁護のメリット】
メリット メリットの内容
取調べの援助 弁護士面会により、法的アドバイス、精神面での援助等を行います。
違法取調べへの抗議活動 警察等による違法な取調べに対し、抗議活動をして、違法な取調べを阻止していきます。
身柄拘束からの解放 勾留からの釈放によって、虚偽自白を防止することにつながります。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。