逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 弁護士費用

刑事事件の弁護士費用(外税表示)

アトム法律事務所弁護士法人では、ご依頼者間の公平を確保するため、全国一律の弁護士費用を採用しています。弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。24時間365日、専属のスタッフから無料で案内を受けることができます。

相談の内容金額
逮捕・勾留中の事件無料0円(初回30分)
警察から取り調べを受けた事件無料0円(初回30分)
警察から呼び出しを受けた事件無料0円(初回30分)
その他の事件1万円(1時間)

相談料の解説

  • 相談料は、法律相談の対価としてお支払いいただくお金です。
  • 初回相談に要した時間が1時間30分だった場合は2時間分(2万円)の相談料を頂きます。

具体的なケース①「逮捕・勾留中の事件」

  1. ・夫が痴漢で逮捕された。
  2. ・息子が窃盗で勾留された。
  3. → 相談料は無料0円です。

〈相談で解決できる主な悩み〉

  1. ・逮捕と勾留の流れを知りたい。
  2. ・いつ釈放されるのかを知りたい。
  3. ・本件にとってベストな解決方法を知りたい。

弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。

具体的なケース②「警察から取り調べを受けた事件」

  1. ・甲警察署で取り調べを受けた。その後は釈放された。
  2. → 相談料は無料0円です。

〈相談で解決できる主な悩み〉

  1. ・今後の刑事事件の流れを知りたい。
  2. ・再び逮捕されることがあるのかを知りたい。
  3. ・本件にとってベストな解決方法を知りたい。

弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。

具体的なケース③「警察から呼び出しを受けた事件」

  1. ・乙警察署から呼び出しを受けた。数日後に出頭する予定だ。
  2. → 相談料は無料0円です。

〈相談で解決できる主な悩み〉

  1. ・今後の刑事事件の流れを知りたい。
  2. ・他の同じようなケースがどうなったかを知りたい。
  3. ・本件にとってベストな解決方法を知りたい。

弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。

弁護活動の結果 金額
前科がつかなかった場合 80万円
罰金判決 60万円
全部執行猶予判決 40万円
実刑判決(求刑の8割以下)※1 40万円
実刑判決(求刑の8割超え) 無料0円
勾留を阻止 20万円
勾留延長を阻止 10万円
保釈決定 40万円
接見禁止を一部解除 10万円
賠償、示談、宥恕(1名分) 10万円〜30万円

成功報酬の解説

  • 成功報酬は、弁護活動の成果の対価としてお支払いいただくお金です。
  • 契約書に記載された成果が発生した場合に、所定の成功報酬をお支払いいただきます。

※1 実刑判決の一部の執行が猶予された場合には、執行猶予の対象外となった懲役・禁固の年数により求刑の8割以下になるか否かを判断します。

具体的なケース① 痴漢事件

  1. ・息子が強制わいせつの痴漢事件で逮捕されたので、アトムの弁護士に弁護活動を依頼した。息子は国家資格を要する専門職についていたため、仕事を続けるためには罰金刑で終わる必要があった。強制わいせつ罪には罰金刑がないため、痴漢の行為態様を争う弁護方針をとることとし、弁護活動を尽くした結果、事件は条例違反の痴漢事件として罰金刑で終結した。なお、被害者が面会を拒否したため、示談の話し合いは行われなかった。
  2. → 成功報酬は総額60万円です。

〈内訳〉

罰金判決 60万円
勾留阻止 0円
保釈決定 0円
賠償、示談、宥恕 0円

〈成功報酬60万円で得た成果〉

  1. ・苦労して手に入れた国家資格を失わずにすんだ。
  2. ・今までの仕事に復帰できる可能性が高まった。
  3. ・公開の法廷で刑事裁判を受けずにすんだ。懲役刑にならずにすんだ。

弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。

具体的なケース② 薬物事件

  1. ・息子が大麻譲受け事件で逮捕されたので、アトムの弁護士に弁護活動を依頼した。もっとも、本人の主張によると「大麻を譲り受けたことは絶対にない。自分に罪をなすりつけるために誰かが嘘の証言をしている。」とのことだったため、本人の犯人性と共犯者の供述の信用性を争う弁護方針をとることとした。弁護活動を尽くした結果、犯罪の成立は認められず、事件は不起訴処分で終結した。本人は無事、勾留の満期日に留置場から釈放された。
  2. → 成功報酬は総額80万円です。

〈内訳〉

前科がつかなかった場合 80万円
勾留阻止 0円
保釈決定 0円
賠償、示談、宥恕 0円

〈成功報酬80万円で得た成果〉

  1. ・前科がつかずにすんだ。
  2. ・公開の法廷で刑事裁判を受けずにすんだ。懲役刑にならずにすんだ。
  3. ・えん罪の主張が認められた。疑いを晴らすことができた。

弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。

具体的なケース③ 交通事故

  1. ・息子が死亡事故を起こして逮捕されたので、アトムの弁護士に弁護活動を依頼した。弁護活動を尽くした結果、起訴の直後に保釈が認められ留置場から釈放された。賠償や示談については、対人無制限の任意保険に加入していたため、保険会社の担当者に任せる方針をとることとした。弁護士はもっぱら裁判所に提出する証拠集めに取り組み、その結果、裁判では執行猶予判決を得ることができた。
  2. → 成功報酬は総額80万円です。

〈内訳〉

執行猶予判決 40万円
勾留阻止 0円
保釈決定 40万円
賠償、示談、宥恕 0円

〈成功報酬80万円で得た成果〉

  1. ・交通刑務所に入らずにすんだ。
  2. ・起訴の直後に釈放された。勾留が長引かずにすんだ。
  3. ・今までの仕事に復帰できる可能性が高まった。

弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。

具体的なケース④ 傷害事件

  1. ・息子が傷害事件を起こして逮捕されたので、アトムの弁護士に弁護活動を依頼した。弁護活動を尽くした結果、裁判官による勾留の決定を阻止することができ、本人は逮捕から2日後に釈放された。釈放後は、今までと変わらない普通の暮らしを送り、職場にも無事に復帰することができたので、何とか解雇は免れた。その後、弁護士は被害者と示談を締結し、事件は不起訴処分で終結した。
  2. → 成功報酬は総額130万円です。

〈内訳〉

前科がつかなかった場合 80万円
勾留阻止 20万円
保釈決定 0円
賠償、示談、宥恕(1名分) 30万円

〈成功報酬130万円で得た成果〉

  1. ・前科がつかずにすんだ。懲戒解雇にならずにすんだ。
  2. ・逮捕から3日で釈放された。勾留が長引かずにすんだ。
  3. ・民事裁判を起こされるリスクがなくなった。紛争が長引かずにすんだ。

弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。

具体的なケース⑤ 詐欺事件

  1. ・夫が高額被害の詐欺事件で逮捕されたので、弁護士に弁護活動を依頼した。弁護活動を尽くした結果、賠償金の支払いが完了し、被害者と示談が成立した。示談の成立により、事件の民事的な側面は解決したが、高額被害のため、被害者から許してもらうことはできなかった。その後、事件は起訴され、保釈は認められず、最終的には執行猶予がつかない実刑判決となった。もっとも、実刑判決の内容は、示談が成立したことが考慮され、求刑の6割まで軽減された。
  2. → 成功報酬は総額60万円です。

〈内訳〉

実刑判決(求刑の8割以下) 40万円
勾留阻止 0円
保釈決定 0円
賠償、示談(1名分) 20万円

〈成功報酬60万円で得た成果〉

  1. ・刑務所に入る期間が1〜数年短くなった。
  2. ・民事裁判を起こされるリスクがなくなった。紛争が長引かずにすんだ。
  3. ・刑務所から出た後の社会復帰がスムーズになった。

弁護士費用についてよく分からない点は、0120-631-276までお電話ください。

弁護活動の内容 金額
特に簡単な事件 40万円
普通の事件 60万円

※「特に簡単な事件」の一例:事件は9割方解決しているが、念のため弁護士を付ける場合など。
※「普通の事件」の一例:容疑を自白する一般的な罪名の事件(痴漢、覚せい剤、交通事故)など。

着手金の解説

  • 着手金は、弁護活動に着手する対価としてお支払いいただくお金です。
  • 契約後に事件が公判請求されても追加の着手金を支払う必要はありません。追加の着手金は無料0円で第一審の最後まで弁護活動を行います。

身柄事件及び被害者がいる事件の特例

特例 追加金額
契約時に逮捕・勾留されている 上記着手金に20万円を追加
契約時に被害者がいる 上記着手金に20万円を追加

着手金の追加(状況の変化に応じた追加の着手金)

状況の変化 金額
契約後に逮捕・勾留された 20万円を追加
契約後に被害者が判明した 20万円を追加
契約後に刑事裁判になった 無料0円
契約後に裁判員裁判になった 応相談
契約後に再逮捕された 1逮捕毎に20万円を追加

通常の出張 金額
往復所要時間10分以内の場所に出張 2万円(交通費含む)
往復所要時間30分以内の場所に出張 3万円(交通費含む)
往復所要時間1時間以内の場所に出張 4万円(交通費含む)
往復所要時間1時間30分以内の場所に出張 5万円(交通費含む)
往復所要時間2時間以内の場所に出張 6万円(交通費含む)
往復所要時間2時間を超える場所に出張 以降、30分毎に1万円を加算する

※往復所要時間はYahoo!路線情報の「指定なし」設定を用いて算出します。

出張日当の解説

  • 出張日当は、弁護士の出張に対する実費日当としてお支払いいただくお金です。
  • 出張日当は、弁護士の出張を要する全ての活動(接見・示談・調査のための出張、公判・公判前整理手続のための出張など)について、1回目の出張から発生します。
  • 事情により活動が1時間を大きく上回った場合でも、出張日当の金額は変わりません。

新幹線を利用する出張の特例

新幹線を利用する出張 金額
往復所要時間2時間以内の場所に出張 10万円(交通費含む)
往復所要時間3時間以内の場所に出張 12万円(交通費含む)
往復所要時間4時間以内の場所に出張 14万円(交通費含む)
往復所要時間5時間以内の場所に出張 16万円(交通費含む)
往復所要時間5時間を超える場所に出張 以降、1時間毎に2万円を加算する

※往復所要時間はYahoo!路線情報の「指定なし」設定を用いて算出します。

飛行機を利用する出張の特例

飛行機を利用する出張 金額
往復所要時間4時間以内の場所に出張 20万円(交通費含む)
往復所要時間5時間以内の場所に出張 22万円(交通費含む)
往復所要時間6時間以内の場所に出張 24万円(交通費含む)
往復所要時間7時間以内の場所に出張 26万円(交通費含む)
往復所要時間7時間を超える場所に出張 以降、1時間毎に2万円を加算する

※往復所要時間はYahoo!路線情報の「指定なし」設定を用いて算出します。

アトムでは、充実した刑事弁護活動を行うため、預託金制度を採用しています。預託金制度とは、将来的に弁護士費用の不足で弁護活動が止まってしまうことがないように、あらかじめ事件の性質に応じた一定額の預託金を振り込んでいただく制度をいいます。預託金は、アトム弁護士法人が専用に用意した銀行口座で厳重に管理し、刑事事件の終了後に弁護士費用を精算して、残額が生じればその全額を速やかにお返しします。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017