逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 脅迫の慰謝料の相場は?

脅迫の慰謝料の相場は?

脅迫の慰謝料の相場について、刑事専門で脅迫事件に強い弁護士に相談したい方へ。脅迫の慰謝料額は、脅迫行為の悪質性や、反復継続性などによって変わりますが、傾向を理解しておくことは大切です。

Q 脅迫事件の慰謝料の相場はどれくらいですか?

脅迫事件の加害者または被害者になった場合に、相手と示談交渉する上では、示談金の相場がどれくらいなのか気になりますよね。

慰謝料に関して相場が形成されている代表的なトラブルの種類として、不倫の慰謝料があり、100万円~200万円程度が相場であるといわれています。

しかし、それ以外の事案においては、個別の事案によって被害者が感じる精神的苦痛の程度も様々なため、相場が形成されているとは言い難い状況です。

脅迫事件の慰謝料について、一般的な傾向でいえることは、脅迫の態様が悪質で、脅迫行為が反復継続していれば、慰謝料額は高額になりやすいようです。一方、態様が軽微かつ単発的であれば、慰謝料は低額しか認められません。

態様軽微 態様悪質
単発 慰謝料額・低 慰謝料額・中
反復継続 慰謝料額・中 慰謝料額・高

Q 脅迫事件の慰謝料の相場について事例があれば教えてください。

刑法上の脅迫事件について、慰謝料額を判断した裁判例は、あまり多くないようですが、表の1番と2番の裁判例が、単発的な脅迫の事案で、それぞれ20万円と70万円と判断しました。

反復継続的な脅迫事件で慰謝料額を判断した裁判例は見当たりませんが、参考までに、表の3番と4番は、反復継続性のあるストーカー事案について、それぞれ250万円と300万円の慰謝料を認めています。

脅迫事件で反復継続性のある事案も、以下のストーカー事案の場合と同様またはそれ以上に、慰謝料額が高額化する可能性があります。

いずれにしても、脅迫事件の慰謝料額は、個別の事案に影響されますので、相手と示談交渉する際は、必ず刑事専門の弁護士に依頼するか、または弁護士のアドバイスを受けるようにしましょう。

加害者の立場の場合には、被害者と示談が成立すれば、警察沙汰を阻止し、前科もつかないで済みます。

事案の概要 金額
酒に酔った約30秒間の電話で「ぶっ殺す」「ぶっとばす」と発言したが、謝罪の意思を伝えていた事案(東京地判H25.8.29) 20万円
上司が部下に対し、電話で「辞めろ!辞表を出せ!ぶっ殺すぞ,お前!」というパワハラ発言をした事案(東京地判H24.3.9) 70万円
大学教授が学生に対し、執拗に電話をし、結婚を求めたりするストーカー行為を継続的に行った事案(東京地判H13.4.27) 250万円
タクシー運転手が女性に対し、継続的にストーカー行為を行い、警察からの警告や、仮処分命令を受けても、ストーカー行為を継続し続けた事案(大阪地判例H12.12.22) 300万円
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017