逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 脅迫と強要の違い

脅迫と強要の違い

刑事専門で脅迫事件に強い弁護士に相談したい方へ。脅迫罪を理解する上では、脅迫と強要の違いを把握することが大切です。強要罪とは、どのような行為を対象にするのでしょうか?

Q 強要罪とはどのような犯罪ですか?脅迫罪との違いはどういう点ですか?

強要罪とは、脅迫または暴行によって、他人に義務のないことを強制し、または権利行使を妨害することを内容とする犯罪です。

脅迫罪との違いは、脅迫行為だけにとどまるのか、脅迫行為(または暴行)によって、何らかの強制や妨害をしようとしたのかの点にあります。

強要罪には未遂の処罰規定がありますので、「~~しなければ殴るぞ」といった脅迫をして、行為を強制しようとした以上、相手がそれに応じなかったとしても、強要未遂罪が成立します。

強要罪は、脅迫罪よりも懲役刑の上限が長いだけでなく、罰金刑がない点が大きな違いです。そのため、不起訴にならなければ、裁判所の法廷で被告人として裁かれる事態になってしまいます。

しかし、強要罪に当たる脅迫行為をしてしまい、被害届を出されたとしても、迅速に被害者と示談できれば、不起訴になる可能性が高まります。お早めに刑事専門の弁護士事務所である当事務所までご相談ください。

脅迫罪 強要罪
行為内容 害悪の告知 脅迫または暴行による強制または権利行使の妨害
未遂処罰 なし あり
告訴の要否 不要 不要
刑事罰 2年以下の懲役または30万円以下の罰金 3年以下の懲役

当事務所では、強要罪についてこのようなご相談に対応しています。

当事務所では、脅迫と自首に関して、たとえば、次のようなご相談に対応しています。

(例1)
元カノが忘れられず、よりを戻したいと思い、電話とメールで連絡しましたが、返信してもらえませんでした。

どうしても一度会いたかったので、「このまま会ってくれないのなら、以前撮影した君の裸の写真をネット上にアップするかもしれないよ。」というメールを送ってしまいました。

警察から、強要未遂で呼び出しを受けましたが、どうすればよいでしょうか?

(例2)
女の子と出会い系サイトでチャットをしていました。その女の子のわいせつ写真を入手したいと思い、「個人情報をIPアドレスから入手した。個人情報をばらまかれたくなければ、裸の写真を送って」というメッセージを送ってしまいました。

女の子から裸の写真を受け取ったのですが、この件に関し、女の子が被害届を出したようで、強要の容疑について警察で事情聴取を受けました。軽い気持ちでやってしまったことなので、女の子と示談してもらえませんか?

上記のようなご相談例についても、被害者と迅速かつ適切に示談をすれば、不起訴になり、前科を免れる可能性が高まります。

脅迫または強要の刑事事件でお困りの際は、刑事弁護に強い当事務所の弁護士までご相談ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。