逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 脅迫事件を弁護士に相談するメリットは?

脅迫事件を弁護士に相談するメリットは?

脅迫事件に強い弁護士に相談したい方へ。脅迫事件を起こしてしまった場合、自力で対応するのには限界があります。専門家である弁護士に相談することで適切な対応ができ、不安も解消します。

弁護士に相談するメリットは

  • 脅迫事件を弁護士に相談するメリットは何ですか?

脅迫事件で警察に呼び出された場合や逮捕されてしまった場合、今後自分がどのようになってしまうのか不安になるのは当然のことです。

刑事専門の弁護士であれば、豊富な経験やノウハウをもとに、今後の捜査手続処分の見込みを的確に推測し、最善の対応策をアドバイスすることが可能です。

残念ながら、弁護士は警察の取調べに立ち会うことはできませんので、取調べは孤独な場面になります。だからこそ、取調べの前後において、弁護士と綿密に相談し、取調べでどのように対応すればよいか事前に周到な準備をすることが必要です。

私たちは、依頼者様の不安が少しでも解消し、最善の結果につながるように、親身になってご相談に対応させていただきます。

  • 無料相談はできますか?

当事務所では、24時間体制無料相談のサービスをご提供しています。無料アプリのLINEでアトム法律事務所を友だち登録し、ご相談内容をお送りください。スタッフと弁護士が親身になって無料で対応させていただきます。

  • 電話相談はできますか?

フリーコールは相談予約専用の電話となっていますので、電話での無料相談は受け付けておりません。無料相談をご希望の方は、LINEでアトム法律事務所を友だち登録してください。

  • 弁護士に相談せずに捜査を乗り切ることはできますか?

刑事事件で弁護士に相談することは、非常に大切なことです。急に逮捕や事情聴取を受けることになり、精神的に追い詰められている状況で、限られた時間内で適切な捜査対応をすることは、予想以上に大変なことです。

安易に自分で判断して、否認すべきでない部分で言い訳をしてしまったり、捜査に関係のない部分まで話してしまったりすることは少なくありません。

人生で経験したことのない刑事手続にまきこまれてしまった以上、刑事専門弁護士をあなたの味方につけて、今後の人生の再出発に向けて一緒に頑張りましょう。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

脅迫事件のよくある相談

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017