逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
脅迫事件に強い弁護士をお探しならATOM

脅迫行為で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして、アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志です。このページをご覧のあなたは、今、脅迫事件を起こしてしまって、あるいは、警察から脅迫事件の容疑をかけられていてお悩みの方ではないでしょうか。脅迫事件に関わったご本人も、ご家族の方も、お悩みが深いと思われますが、ご安心ください。もう大丈夫です。

男女トラブルやその他の理由で感情が高ぶり、思わず脅迫的な発言をしたり、メールを送信してしまったりすることは誰にでもあることです。

一度してしまった脅迫行為を悔やんでいても仕方ありません。今後起こりうる事態に対して、早期に適切な方法をとることで、事態の悪化を最小限に抑えることが大切です。

最初に考えられる事態は、警察から脅迫罪で逮捕されるかもしれないということです。早期に弁護士に依頼して被害者との間で被害届を出さないように交渉できれば、そもそも警察沙汰にならないで済みます。

すでに被害届が出されていても、早期に示談できれば、逮捕を阻止することが可能です。逮捕されてしまった場合でも、弁護士が検察官や裁判所と迅速かつ粘り強く連絡を取り合うことで、早期釈放を実現できることもあります。

脅迫事件に対して、できる限り迅速に対策をとれば、事件がおおごとにならずに済み、会社に事件のことを知られず、クビにならないで済むことも少なくありません。

刑事専門で脅迫事件に強い弁護士であれば、被害者との示談を成立させるのみならず、ご本人にとって有利になる材料を多く集め、検察官を説得することで、不起訴を獲得できる可能性を高めることができます。

無事に不起訴になれば、前科を阻止することができ、無事に社会復帰し、元の生活に戻れる場合が多いのです。

アトム法律事務所では、24時間体制で脅迫事件について無料相談を受け付けています。相談では、脅迫事件の対応、逮捕後の流れ、示談金の相場、弁護士費用など、気になることを何でもお尋ねいただけます。

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

脅迫行為で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして、アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志です。このページをご覧のあなたは、今、脅迫事件を起こしてしまって、あるいは、警察から脅迫事件の容疑をかけられていてお悩みの方ではないでしょうか。脅迫事件に関わったご本人も、ご家族の方も、お悩みが深いと思われますが、ご安心ください。もう大丈夫です。

男女トラブルやその他の理由で感情が高ぶり、思わず脅迫的な発言をしたり、メールを送信してしまったりすることは誰にでもあることです。

一度してしまった脅迫行為を悔やんでいても仕方ありません。今後起こりうる事態に対して、早期に適切な方法をとることで、事態の悪化を最小限に抑えることが大切です。

最初に考えられる事態は、警察から脅迫罪で逮捕されるかもしれないということです。早期に弁護士に依頼して被害者との間で被害届を出さないように交渉できれば、そもそも警察沙汰にならないで済みます。

すでに被害届が出されていても、早期に示談できれば、逮捕を阻止することが可能です。逮捕されてしまった場合でも、弁護士が検察官や裁判所と迅速かつ粘り強く連絡を取り合うことで、早期釈放を実現できることもあります。

脅迫事件に対して、できる限り迅速に対策をとれば、事件がおおごとにならずに済み、会社に事件のことを知られず、クビにならないで済むことも少なくありません。

刑事専門で脅迫事件に強い弁護士であれば、被害者との示談を成立させるのみならず、ご本人にとって有利になる材料を多く集め、検察官を説得することで、不起訴を獲得できる可能性を高めることができます。

無事に不起訴になれば、前科を阻止することができ、無事に社会復帰し、元の生活に戻れる場合が多いのです。

アトム法律事務所では、24時間体制で脅迫事件について無料相談を受け付けています。相談では、脅迫事件の対応、逮捕後の流れ、示談金の相場、弁護士費用など、気になることを何でもお尋ねいただけます。

脅迫事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも脅迫事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。脅迫事件では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし、前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

脅迫事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、早期に弁護士相談を受けることをお勧めします。脅迫事件をはじめとする刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。携帯からもつながるフリーダイヤルに、今すぐお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

Copyright © Takeshi Okano All Rights Reserved.